【FREMEWORK】ファイブ・フォース分析で業界分析する?!

起業

今回はファイブ・フォース分析の解説です。ファイブ・フォース分析とは業界分析をするためのフレームワークです。このツールを使うことで自社の経営分析を明確に行うことができると言われています。

業界を5つの要素から考える

#5つの要素が業界の収益性を決める

このフレームワークは、競争戦略論をマイケル・ポーターが提唱した業界分析手法でここで提唱された5つの要素とは 
「売り手」「買い手」「競争企業間」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」
の力が強ければ強いほど収益性は低く、魅力のない業界になるというものです。

売り手の交渉力

部品や原材料など売り手が強い交渉力を持っている場合、収益性は低くなります。なぜなら、売り手が寡占状態の場合や独占技術を持っている場合買い手は高価格を受け入れなくてはならないからです。

買い手の交渉力

買い手(顧客や企業)の交渉力が強い場合も収益性は高くなります。強大な購買力を持った買い手に販売する場合は大きな収益は見込めないとされています。

競争企業間の関係

業界内における敵対関係が強ければ(同程度の規模の企業がひしめいている)その分競争が起こり収益性は低くなります。逆に寡占化が進んでいれば、競争は緩やかなものになり収益性は高くなります。

新規参入業者の脅威

新規参入業者が増加すればその分競合が増えるわけですから、収益性は低くなるといえます。新規参入が容易な業界はすぐに収益性は下がります。〇〇専門店などはスモールスタートでは良いブランディングになり脅威は少なくなるでしょう。

代替品の脅威

もしあなたの業界の不(ニーズ)を改善する新たな製品やサービスが現れた場合、業界の競合が増えたと同じ影響を与えます。このことから代替品の脅威が強くなれば収益性は低くなると推測できます。

まとめ

ファイブ・フォース分析は業界を分析するためのフレームワークです。これと少し似たようなものに「3C分析」というフレームワークもあります。どちらにも共通して言えることは自社と競合の関係を分析していることです。当たり前に競合がいない業界俗にいうブルーオーシャンの方が有利なのは当たり前なことでしょう。しかし物がありふれている時代ブルーオーシャンを見つけることは不可能です。重要な考えとして競合のいない業界を自分で作るというマインドを持つことが成功の鍵なのかもしれません。売り物を変えるより売り方を変えてみることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました