【7月最新】Instagramの最適運用でリテンション獲得

マーケティング

最近様々な世代で広く使われているInstagram。このInstagramをうまく運用することで高額なお金を掛けず永続広告として最強の集客媒体へと変化させることができます。
「構造理解」「プロフィール」「コンテンツ」「ハッシュタグ」「運用方法」
この5つの要素でインスタの最適運用をして行きましょう。

構造理解

#人間味をとにかく意識

人間味とあるようにインスタユーザーは、企業アカウントにフォローされてもあまり興味を持たないです。私自身も何かのサービスを宣伝するためのアカウントにフォローされても詳しくみることはしないです。このことからお店のアカウント(official)を作るより「個人Instagram」でアカウントを作ること。ユーザーは個人アカウントにフォローされると気になって色々見てしまう人が96%であり私もその中の一人です。ここでポイントとなる事は「集客するには個人アカウントでないとならない」です。

#悪い例
#良い例

プロフィール

#5秒以内の離脱率74%

プロフィールの記載は最重要。プロフィールからの5秒以内の離脱率は74%であることを理解しましょう。裏返すと見て5秒で興味を引きつける文章構成・デザインであることです。誰に向けたプロフィール?箇条書きになっているか?しっかり興味を惹きつけられているか?URlの誘導は完璧か(長いURLではないか)?この改善点をしっかり意識しましょう。

コンテンツ

#アンフォローされないために最も重要 ライフスタイルに興味

電話帳整理があるようにフォロワーにも整理があります。皆さんもフォロワー整理の経験はないでしょうか?アンフォローされない為にも、投稿画像は9枚ごとに同じ系統の色合いで投稿、統一アングル、6枚に1枚は顔、ライフスタイルは背景で表現、の項目を改善してください。投稿文は、学べる(educated)× 共感(agreed)を含めた文を使うことで相手にフォローしてよかったなどの気持ちにさせることができます。

ハッシュタグ

# 5個が最適

ハッシュタグは5つが最適でありそのうち2つを同カテゴリーの物に選定しましょう。こうすることでインスタがあなたの投稿をカテゴリー分けする際にインデックスされやすくなります。

#ハッシュタグキャンペーンでブランディング

来店したお客様にさらに特典をつけて共通ハッシュタグをつけて投稿してもらいましょう。共通ハッシュタグをつけることで、そのハッシュタグを通して他の人がお店を見つけるチャンスになりまた生の口コミが見れるのでブランディングにもつながります。

運用

#インスタで友達感覚にさせる

お客様にはラインではなくインスタの交換をしましょう。交換したら絶対に自分のお店の宣伝はせず相手の投稿に反応して友達(顔見知り)になることで親近感がより湧きリピーターの確保ができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました